日本のトップスポーツベットサイト – 2021年初心者ガイド

ベッティングサイトJPへようこそ!当サイトはみなさんにスポーツベットの面白さを紹介していきます。とはいえ、なにごとも初めてだと戸惑うのも無理はありません。

そこで当サイトではオッズや賭け方といったスポーツブックの仕組みから入金方法、そして勝利金の引き出し方に至るまで、みなさんが安心して遊べるための情報を提供していきます。

その上で、日本で遊べる安全なブックメーカーもご紹介。オンラインブックメイカーは各々のサイトで大きく特徴が別れやすいのです。人によって向き不向き、さらに好みも異なるので、ご自身にぴったりのサイトをぜひとも見つけてもらいたいと思います。そしてもちろん、オンラインギャンブル業界ならではのボーナスシステムについても詳しく解説していくので、お見逃しなく!

日本でおすすめのブックメーカー 2021

# ブックメーカー 長所 ボーナス 賭け条件 最低オッズ レビュー サイトへ
1 豊富な賭け対象 100%マッチ最大¥12,300 3試合以上組み合わせたアキュムレータベットでボーナスx51.4倍1xBet レビューボーナスをゲット
2 業界最大手 ベットクレジット¥7,000 ボーナスx11.2倍bet365 レビューボーナスをゲット
3 豊富な賭け対象 100%マッチ最大¥16,000 3試合以上組み合わせたアキュムレータベットでボーナスx51.4倍22bet レビューボーナスをゲット
4 年中無休日本語サポート 100%マッチ最大¥10,000 ボーナスx81.6倍Kakekkorinrin レビューボーナスをゲット
5 年中無休日本語サポート なし --準備中ボーナスをゲット

ブックメーカーとは

日本のネット上ではスポーツブック、スポーツベット、ブックメーカー、ブックメイカーなどと名称がまちまちなのでまぎらわしいのですが、基本的にこれらはすべて同じものです。元々は英国発祥でヨーロッパ圏ではブックメーカー(bookmaker)、北米ではスポーツブック(sportsbook)またはスポーツベッティング(sports betting)、日本ではわかりやすくスポーツベットと呼ばれることが多いようです。

その名のとおりスポーツブックはスポーツの試合結果に賭けられるというもので、欧米では(合法・非合法のものも含め)ノミ屋またはカジノで何百年にもわたって親しまれてきたという歴史があります。そのうち賭けの対象には単純な試合結果だけでなく選挙や芸能、さらにはノーベル賞受賞者予想といったものまで加わり、グローバルな巨大産業に成長しました(厳密にはこれらを総称してブックメーカー、その中のスポーツ部門がスポーツブックということになります)。日本だと合法なものではtotoか競馬程度しか嗜まれていませんが、インターネットの隆盛によって現在はネット上が数え切れないほどのブックメーカーであふれかえり、日本でも新たな娯楽として人気急上昇中です。

ブックメーカーのランキング方法

「ブックメーカー」や「スポーツベット」で検索すると、ネット上は百近いサイトであふれていることがわかります。しかし、中には支払いに応じなかったりする半ば詐欺的な悪質なものがまぎれているのも事実です。信頼できるブックメーカー選びは、特に初心者には荷が重いもの。そこでベッティングサイトJPの出番というわけです。

当サイトではさまざまな観点からいくつものスポーツベットサイトを分析してランキング形式で紹介しています。当たり前ですが、前提条件としてこれらはすべて信頼できる安全な賭けサイトばかりです。審査基準としてまず挙げられるのが、ライセンスを取得しているということ。法律的な問題で日本で運営されているものはありませんが、優良スポーツベットサイトはどれもマルタ共和国やオランダ領キュラソーなどを本拠としており、当該国/地域から厳しい条件つきのライセンスを取得しています。また、これまでの運営実績、利用者による評判も加味されています。

ランキングは当サイトのベテランスタッフが実際に各々のサイトを体験してつくられています。当然日本から合法にアクセスできるものだけが対象です。チェック項目は多岐におよび、賭けの対象となるスポーツ(種目)の種類、オッズとベッティングオプション、サイト/プラットフォームの使いやすさ、ライブストリーミングで試合観戦しながらのライブベットの有無、決済方法などがこれに含まれます。また、なにか問題が起きたときのためにサポートの質も重要な要素。年中無休の日本語サポートを導入しているブックメーカーはそう多くありませんが、当然ながらランキングには好影響をおよぼします。

日本でプレイできるトップスポーツベットサイト:

  • 最もセキュリティーが強固なブックメーカー:Sportsbet.io
  • 最も信頼性の高いブックメーカー:bet365
  • 最も人気のあるブックメーカー:bet365
  • ベストボーナス:22bet
  • ベストオッズ:22bet
  • 最もベットオプションが多いサイト:Sportsbet.io
  • 最も賭け種目が多いサイト:22bet1xBet
  • ベストアプリ:22bet10bet japan
  • ライブベットに最適:bet365
  • 決済手段の多さ:22bet
  • ベストカスタマーサービス:10bet japanSportsbet.io

日本でのオンラインギャンブルについて

日本ではいわゆる「ノミ屋」が検挙されることがありますが、果たしてオンラインスポーツブックで罪に問われることはあるのでしょうか?結論から先に言うと、100%とは言い切れませんが現実的には違法性はないという解釈がなされています。

日本の賭博法は胴元と客の両方が日本国内で賭博行為におよぶと違法性が生じると定めています。ノミ屋が摘発されると胴元と客の両方が逮捕されるのはそのためです。

反面、日本でアクセスできる(特に当サイトで紹介している)スポーツベットサイトはどれも海外に拠点を置いていて、当該政府のライセンスを取得して合法的に運営しています。つまり、胴元であるサイトが日本国内にいないので賭博罪が成立しないという解釈です。実際、インターネット上のブックメーカーは登場してから20年以上が経ちますが個人で遊んでいたプレイヤーが摘発されたという事例は聞いたことがありません。

ただし「インカジ」などと呼ばれる店舗型のカジノとなると話は別です。これらの中には海外のスポーツベットサイトで客に賭けさせるという形態のものも存在しますが、日本国内の店舗内で金銭の受け渡しが行われるので違法だとみなされるようです。そもそもオンラインスポーツベットは自宅でもスマホ上でも気軽に楽しめる利便性が最大のメリット。わざわざ余計な手数料を払ってまで店舗に出向く理由がありません。これらの施設には近寄らないようにしましょう。

信頼できるブックメーカーとは?

インターネットはいくつものスポーツベットサイトであふれており、中には信用できないものもまぎれこんでいるというのは先に書いたとおりです。特に初心者の場合は闇雲にサインアップしていったのでは痛い目を見る可能性もあります。そこで当サイト、ベッティングサイトJPではいくつかの基準を設けて、そのすべてをクリアした安全な賭けサイトのみを厳選して紹介しています。では、これらの基準とは?

筆頭に挙げられるのがライセンスです。優良ブックメーカーは必ずマルタ共和国やオランダ領キュラソー、英領ジブラルタルといった国または地域政府から運営ライセンスを取得しています。取得するにはかなり厳格な基準をクリアする必要があるだけでなく、定期的な更新の際にも厳しい審査をパスしなければなりません。ライセンスを取得/更新済みのサイトは通常、ホームページの下にリンクつきのライセンス番号を掲示しています。ちなみに日本はライセンスの発行は行っていないので、「日本のブックメーカー」を謳うサイトは違法または詐欺の疑いがあるので要注意です。

次に重要なのが独立第三者機関との提携。IBIAやIBAS、eCOGRAといった組織がこれにあたり、それぞれがライセンス発行元とは異なる視点での監査や顧客とスポーツブック間で問題が発生した場合の仲裁などを執り行っています。ライセンス同様、第三者機関との提携には高額な費用がかかるので、これら機関のロゴを掲示しているサイトは信用の証となります。

オンラインギャンブルにかかわらずネット上では個人情報保護、データ漏洩などに関するセキュリティー面も心配な点ですが、スポーツベットサイトでは最新のSSLによるデータ暗号化が今や常識。下手な日本の金融機関などよりもむしろ安全かもしれません。さらに仮想通貨(暗号資産)決済を導入しているサイトではオプションで2段階認証を採り入れているものも増えています。うまく活用しましょう。

最後に、最近増えてきたものに「責任あるギャンブル」ツールがあります。プレイヤーをギャンブル依存症から保護するためのもので、プレイヤー自身が一定期間内の入金額やベット額、最大ベット、さらに一定期間内のアカウント停止などを細かく設定できるというものです。さらに通常は自己診断キットや依存症対策第三者機関への連絡先も加えられて専用のページが設けられています。信用のおけるギャンブルサイトは、プレイヤー側の安全性にも力を入れているわけです。

ボーナス – スポーツベットならではの特典!

オンラインのブックメーカーで忘れてはならないのが、独自のボーナスシステムです。百近い同業者でひしめく中、新規顧客を呼び込むのは難しいもの。そこで、各サイトは趣向を凝らしたボーナスというシステムで特色を出そうとしているというわけです。最も一般的なのが、初めて入金する際に入金額に応じて余分なベット資金を上乗せして提供してくれるという形態。ただし初回入金にだけサービスしていたのではリピーターがつかないので、ほとんどのスポーツベットサイトが再入金ボーナス、フリーベット、キャッシュバック、紹介ボーナス、イベントボーナスといった直接現金がもらえるものからベストオッズ保証やVIPクラブといったものまで、さまざまなプロモーションを常時開催しています。公営ギャンブルや海外のカジノでもまず見られないこのシステム。オンラインスポーツブック選びの重要な要素でもあります。ここでは代表的なものをご紹介しましょう。

でのボーナスとプロモーション 1xBet

  • 無料の賭けとオッズのブースト

    様々なボーナスオファー
    プレイヤーによるトップ評価

  • サインアップオファー

    ベットクレジットで最大¥12,300 *
    新規のお客様向け

  • 早期支払いの2つの目標

    次の場合にあなたの賭けを支払います
    あなたが戻ったチームは2ゴール先に進みます

  • ボアはお金を引き戻す

    サッカーゲームの払い戻し
    0-0で終了

マッチボーナス

一番よく目にするのが「マッチボーナス」です。特に初回入金時にオファーされることが多いタイプです。入金額に応じて、一定のパーセンテージのボーナス額が上乗せされてアカウントに振り込まれます。例えば「100%マッチ最大$100」というものであれば「$100の入金で$200」、「$30の入金で$60」、「$300の入金で$400」がアカウントに振り込まれるわけです。最大額とパーセンテージは必ずサイト(またはプロモーション)ごとに定められていて、中には200%であったり最大1 BTC(数百万円相当)であったりといったものも存在するので注目に値します。

ただし通常はプロモにつき1回の入金限定なので注意が必要です(つまり分割入金しても2回目以降の入金分にボーナスはつきません)。サイトによっては入金前にボーナスコードの入力が必要であったりサポートに請求する必要があったり、さらには一定額を賭け終わった後にボーナスが振り込まれる形態のものもあったりするので必ずチェックしておきましょう。

もう一点注意すべきは「賭け条件」です。ボーナスをもらったら、出金する前に一定額を賭けなければならないのです。「オッズ1.6倍以上のベットをボーナス額の5倍」といった表記がされます。賭け条件は入金不要ボーナスにもかかるので、必ず確認しておきましょう。ちなみにボーナスは1つの試合(イベント)に全賭けする必要はありません。上の例の賭け条件で100%マッチ$100のボーナスを受け取ったとしましょう。ボーナス額$100 x 5、すなわち総額$500を賭ければ「賭け条件をクリア」して出金できることになります。もちろん全額を一度に賭ける必要はありません。複数のベットを何日間にわたって行うことも可能です。

入金不要ボーナス

こちらはアカウント登録するだけでもらえるボーナスです。マッチボーナスよりも一般的には金額がかなり低く抑えられていますが、一部のブックメーカーでは入金不要ボーナスとマッチボーナスの両方を提供しているものもあります。

フリーベット

「フリーベット」は一般的に「出金できないボーナス」のことを指します。マッチボーナス同様、初回入金時にオファーしているサイトもあれば再入金ボーナス、さらにはプロモーションの一環として特定のスポーツリーグのベットだけに使えるものなどもあり、形態はさまざまです。出金ができない分、通常はマッチボーナスよりも賭け条件が低く抑えられているのが特徴です。

紹介ボーナス

こちらはその名のとおり、友人や知り合いを紹介することでもらえるボーナス。サイトによってはフリーベットを提供しているものもあり、また紹介した本人に加えて紹介された新規プレイヤーにも(少額ではありますが)提供されるものもあるので有効に活用したいものです。

キャッシュバック

リピーター向けに多くのスポーツブックではキャッシュバックを実施しています。「総賭け額の一部」または「負け額の一部」が還元されるものに分かれ、通常はVIPシステム/ロイヤリティークラブの一環としてポイントを貯める形態をとっていますが、季節またはサッカートーナメントなど限定のプロモーションでこれを実施することもあります。

VIPシステム/ロイヤリティークラブ

上記のとおり、リピーターになるとベット(または負け額)の一部が還元されるシステムです。総賭け額がポイントに変換され、一定数貯まると現金やボーナス、フリーベット、または豪華景品などと交換できるようになるという仕組みが一般的です。また、多くの金額を賭ければ賭けるほどレベルが上がっていくのも特徴。レベルが上がると還元率が上がるだけでなく、レベルアップ時にボーナスなどが提供されることも珍しくありません。

その他不定期プロモーション

オンラインブックメーカーといえばどこも初回入金ボーナスを大々的に宣伝しているので目を引きますが、もちろんそれだけで終わってしまうわけではありません。わかりやすいプロモーションでは期間や曜日限定の再入金ボーナスやフリーベット。特定の試合や特定のリーグなどを対象としていることもあります。少し複雑なものではACCAインシュアランスといって複数の試合の結果を当てるパーレーベットの一部が返金されるといった仕組みのものまであります。

ベストオッズ保証

正確にはボーナスの類ではありませんが、一部の大手ブックメーカーでは競馬(またはその他のレース)で「ベストオッズ保証」を行っている場合があります。ブックメーカーの競馬がJRAと大きく異なるのが、JRAでは事前に勝った馬券のオッズが下がってしまう可能性があるという点。対してベストオッズ保証がされているブックメーカーでは高いほうのオッズが採用されるのです。競馬やドッグレースに賭ける場合は必ずベストオッズ保証がされているサイトを選んだほうが有利なのは言うまでもありません。

1xBet

100%マッチ ¥12,300

マーケット

85+
Bet365

100%マッチ ¥7,000

マーケット

50+
22bet

100%マッチ ¥16,000

マーケット

55+
Kakekkorinrin

100%マッチ ¥10,000

マーケット

85+
Sportsbet.io

マッチ
なし

マーケット

40+

スポーツベットサイトへの入金、そして勝利金の出金

いざ実際にベットをするとなると、まずはそれぞれのサイトへ入金する必要があります。そしてそれ以上に気になるのが、勝った時の資金の引き出し方法。日本円がそのまま使えるサイトも最近はだいぶ増えてきましたが、そうでない場合は基本的に米ドルでベットすることになります。最も手っ取り早い方法がVisa/Mastercard/JCBなどの大手クレジット/デビット/プリペイドカードで、スポーツブックの口座(アカウント)が米ドル限定であっても(4%程度の両替手数料がかかりますが)自動的に両替された上で瞬時に振り込めるので便利です。ただしカード類は出金に利用できない上、サイトによっては余計な手数料がかかることもあるのでおすすめしません。

代わりに使い勝手が良いのがEウォレットです。ネット上の取引だけに使う「電子財布」のようなもので、オンラインギャンブルサイトとの直接取引を拒否する金融機関が増えている中、Eウォレットへの入出金は日本の金融機関からでも比較的スムーズに行えるからです。代表的なものにはecoPayzを筆頭にVenus Point、iWallet、STICPAY、MuchBetter、AstroPayなどがあります。

また、仮想通貨決済を導入しているスポーツベットサイトも急増しています。これらのサイトはビットコイン(BTC)はもちろん、イーサリアム(ETH)やライトコイン(LTC)など複数の通貨を利用可能としていることが一般的です。

モバイルアプリも選択可能

スポーツベットサイトはどれもパソコン・スマホ・タブレットの主要ブラウザに対応しているので、ソフトウェアやアプリをダウンロードする必要はありません。ただし一部サイトではオプションとしてモバイルアプリを用意しているものがあります。

メリットとして挙げられるのが、ブラウザ上で他の作業をしたい時に切り替えが早いということと、アプリの通知機能が利用できるということ。そして、アプリのほうが動作がスムーズな場合があるといったことでしょうか?インタフェースも微妙に異なるので、モバイルアプリが提供されているサイトでプレイする際はブラウザ版とアプリを両方試してみて、使い勝手を比べてみるのも良いかもしれません。

アプリが用意されているブックメーカーでは一般的にAndroidなら公式ホームページから、iOSならApple App Storeからダウンロードが可能です。 ちなみにアカウントは1人につき1つまでと厳しく定められています。アプリ版でもアカウント登録・入金・ベット・プロモーション・出金などブラウザ版同様の機能はすべて備えられていますが、すでにブラウザでプレイヤー登録を済ませている場合は必ず同一のログイン情報でアプリにもログインするように注意してください。

ブックメーカーおすすめアプリ

携帯電話からも賭けることができます

bet365: 残念ながら日本ではAndroidのみ対応で、iOS版は非常に面倒な設定変更をしなければインストールできません。ともあれ、bet365アプリの動作はサクサクとスムーズ。そしてゴール時、試合終了時など非常に細かい通知設定ができるのが特徴です。アプリはGoogle Play Storeからはダウンロードできません。ブラウザのbet365ホームページへ行き、ページ下方の「View all bet365 apps」をタップしてから一番上の「Sports」をタップしてください。

10Bet Japan: Android、iOSともに完全日本語化された10Bet Japanのモバイルアプリは重宝します。ブラウザ版と異なる点はほとんどありませんが、それはつまり日本語チャットサポートもライブベットもしっかりアプリでカバーされているということ。さらにアプリだけの利点として、指紋認証または顔認証による生体認証一発ログインが可能です。Google Play Store、AppStoreでは提供されていないのでAndroid、iOSともに10Bet Japanの公式ブラウザサイトからダウンロードすることになります。

賭けられる種目

ブックメーカーで賭けられるスポーツは多岐におよびます。人気が高いものだとサッカー、バスケットボール、野球など。一番人気のサッカーだとヨーロッパはもちろん、Jリーグを含む世界中のリーグがカバーされており、大手サイトであれば1日に賭けることができる試合の数が100以上となることも珍しくありません。野球も日本のプロ野球とMLBが含まれているのが一般的で、他にもテニス、ゴルフ、バレーボール、卓球、バドミントン、ボクシング、クリケット、競馬やモータースポーツなどあらゆる種目を網羅。

しかし賭け対象はスポーツだけにとどまりません。スヌーカー/ビリヤード、ダーツ、Eスポーツ、はたまたタレント発掘系人気番組や政治まで!?ブックメーカーはオファーされている種目一覧を眺めてみるだけでも楽しめてしまうものなのです。

サッカーがおすすめのブックメーカー

Sportsbet.io: 日本語だけで遊べるこのサイトは、サッカーの試合数も豊富です。おそらく世界中のプロリーグが網羅されているのでは?日本のJ1リーグはもとよりJ2、韓国のKリーグ、そしてもちろん国際親善試合にも賭けることができます。もちろんライブベットも完備なのでサッカー観戦が何倍も楽しくなること間違いなし!?また、Sportsbet.io ではJリーグシーズン中にJリーグ限定プロモーションを行っていることもあるのでお見逃しなく!

競馬がおすすめのブックメーカー

bet365: 世界最大のブックメーカーは、選べるレースも最大級。少額の入金さえしていればJRAに加えてイギリスやケンタッキー、香港などの海外レースをライブストリーミングで観戦しながら賭けることができてしまうのも魅力です。豊富なのはレースの数だけではありません。賭け方式もJRAより多いので、競馬ファンにとっては新たな世界が広がる可能性も?日本語化されていないのが玉に瑕ですが、JRAよりもオッズは格段に良好。また、オッズは購入時のもので固定されて変動することはないので出走まで気を揉む心配もありません。JRAはもちろん、海外競馬ファンにもうってつけのサイトです。

Eスポーツがおすすめのブックメーカー

1xBet: Eスポーツに賭けるなら1xBet一択!と言っていいほどとにかくゲームの種類が豊富です。Eスポーツの大会を運営する企業とも協賛しているので種目はMortal Kombat(モータルコンバット)、League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)、World of Tanks(ワールドオブタンクス)、ストリートファイターなどEスポーツの王道を行くゲームからバーチャルなF1、野球、ゴルフ、バレーボールなど合計100以上。しかも1xBetならこれらがビットコインでも賭けることができるのです。最先端のテクノロジーで未来を先取りしてみては?

試合中でも賭けられるライブベット/インプレイ

スポーツブックにおいて人気急上昇中なのが「ライブベット」や「インプレイベッティング」などと呼ばれる賭け方です。従来のスポーツベットといえば試合やレース開始前に試合の勝敗や総得点数のオーバー/アンダーに賭けるといったものが主流でしたが、近年は技術の発達にともない、試合中であってもさまざまな場面に区切ってベットできるようになったのです。

野球を例にとります。古典的な賭け方だと試合前にゲームの勝敗または総得点数といったものがありますが、ライブベットならこれが試合中にもできてしまうわけです。もちろん試合進行によってその都度刻々とオッズは変動するので、序盤で大差がついてしまった場合などは非常に大きなオッズが発生する可能性も秘めています。その上でイニングごとの得点や残りイニングでのホームラン数などに賭けられるサイトもあり、勝敗がほぼ決まってしまった試合であっても最後まで存分に楽しめるというわけです。

サッカーでも同様に前半/後半に分けてベットができたり、試合時間残り数分で何本のゴールが入るかを賭けることもできたり、楽しみ方は無限大。テニスならセットごとの勝敗や次にポイントを獲得する選手を予想して賭けることも可能です。数時間かかるようなゲームであっても、常に何かしら新しいものに賭けられるというのがライブベットの魅力なのです。

また、ライブベットには「キャッシュアウト」という保険的なオプションも用意されています(キャッシュアウトはライブ以外の通常ベットでも利用可能です)。わかりやすい例が、シンプルに試合の勝敗に賭けている場合。試合終盤になって僅差で勝っているときなどは、その時点で勝ちを確定させて勝利金の払い戻しを受けることも可能です。当然ながらオッズは下がってしまいますが、例えば応援している選手が序盤でレッドカードをもらって退場してしまってゲームの行方に興味をなくしてしまった、といった場合でもさっさと払い戻してしまうことができます。キャッシュアウトした時点ですぐに払戻金はアカウントに振り込まれるので、試合終了まで見届けることなく気持ちを切り替えてその分の資金を別の試合に投入することも可能なのです。

そしてライブベットに欠かせない機能がもう1つ。それがライブストリーミングです。実際の試合を動画の生配信によって観戦できる機能で、メリットは単に没入感が増すということにとどまりません。コンピューターのアルゴリズムが解析できない選手の体調やコンデイションもリアルタイムで手にとるようにわかるので、有効に使いこなせば思わぬ好オッズに巡り合う可能性も秘めているわけです。ライブストリーミングはほとんどのブックメーカーで導入されており、主要スポーツの人気リーグやレースはほとんどカバーされていると言ってよいでしょう。さらに嬉しいのが、ライブストリーミングはほとんどのサイトで実際にそのイベントに賭けていなくても少額の入金実績さえあれば自由に観ることができるということ。試合展開によって飛び込みでベットを置くという作戦もとれるばかりか、日本のテレビで放映されずネット配信もない海外の試合やレース、またはビリヤードやダーツ、クリケットといった少しマニア向け(?)の試合もブックメーカーのライブストリーミングで観ることができてしまう可能性があるのです。

ライブベットがおすすめのブックメーカー

22Bet: 日本市場への参入は比較的最近ながら、サイトは日本語化されておりインタフェースもシンプルでわかりやすく、使いやすいスポーツブックです。ライブベットはサッカーや野球、バスケットボールといった王道スポーツがすべてカバーされていることはもちろん、カーリングやエアホッケー、カバディなどといった少しマニアックな競技も採用しているのが特徴です。そしてキャッシュアウト他、さまざまなベットオプションにも対応しています。

賭けっ子 リンリン: その名のとおり、日本人プレイヤーに特化したスポーツブックです。1分1秒が明暗を分けるライブベットでは、小さなトラブルや疑問でも勝負の明暗を分けてしまうというもの。そんな時に、24時間日本語サポートは重宝します。また、ライブベットのページを開けばそれぞれのゲームの賭け方が一発閲覧可能。面倒な「よくある質問」ページをたらい回しにすることなく、試合開始前にみっちり予習させてくれるのも優しい心遣いです。ライブ種目はサッカーとテニスが中心で決して多い方だとは言えませんが、賭けっ子 リンリンならではの手の込んだライブ統計を駆使すれば試合観戦が一層盛り上がること間違いなし!

賭け方 - ベットの種類とオッズ

ブックメーカーではものすごい種類の試合やレース、種目に賭けられるだけでなく、それぞれの種目でさまざまな結果に賭けることができるのも特徴です。世界的に賭け対象として最も人気のあるサッカーを例に見てみましょう。

最も一般的なベットが「勝つチーム」(または引き分け)を予想する、通称「マネーライン」。おそらく多くの日本人が「スポーツベット」と聞いて思い浮かべる賭け方でしょう。しかし最もシンプルなはずのこの賭け方でも、お国柄によってオッズの表記のしかたが違うのです。オンラインスポーツブックでは複数の表記方法から選べるようになっているので、自分に合ったものを選びましょう。ここでは簡単にそれぞれの説明をしていきます。

ブック
メーカー
デシマル式 イギリス式 アメリカ式 香港式 インドネシア式 マレーシア式
1xbet
Bet365 - - -
22bet
10bet Japan - - -
Sportsbet.io -

さて、以上は基本中の基本とも言うべき「試合の勝敗予想」ベットの仕組みでしたが、サッカーだけでも他に賭け方(マーケット)はざっと100種類以上。すべてを取り上げるのは不可能なので、ここでは代表的なものを見てみましょう。

カスタマーサポート

すべてのブックメーカーがカスタマーサポートを提供しています

何か問題が発生した場合やベットのしかたがわからないときなどは、すぐに回答してくれるサポートが必要です。特に1分1秒でオッズが急変する可能性もあるスポーツベットならなおさら。そこで、オンラインブックメーカーはどれもチャットサポートを用意しています。日本時間夜間帯限定のものもありますが、最近は自動的に日本語チャットサポートにつながるサイトも増えてきたので重宝します。

緊急を要さず、ライブチャットが苦手だという人にはメールで連絡するオプションも必ず備えられていて、チャットサポート業務時間内なら通常は1~2時間ほどで返信がきます。

一部のサイトでは電話によるサポートを行っているものもありますが、こちらはほとんどが国際電話。面倒な上に日本語対応していないことが多いので、ほとんどメリットはありません。

以上を総合して、特に初心者のうちは日本語チャットサポートつきのブックメーカーがおすすめです。たまたまそのときの担当者にもよりますが、やはり迅速で的確な回答はほしいもの。サポートの質はサイト選びの大きく左右する要素でもあります。

サポートが優秀なブックメーカー

ベテランプレイヤーからのヒント

さて、スポーツベットの奥深さがわかっていただけたでしょうか?慣れない単語やらベットの種類が多すぎて、最初のうちは戸惑ってしまうのも無理はありません。そこで、当サイトのベテランスタッフからいくつか遊び方のヒントをお伝えします。

まずは野球やサッカーなど、普段から慣れ親しんでいるスポーツを選びましょう。ひいきのチームや選手があれば知識もあって興味も増すのでなお良しです。次に、日本語化されているスポーツベットサイトへ行ってみます。ひいきのチームの試合がみつかったら、クリックしてみてオファーされているベットの一覧を見てみます。オッズ表示は最もわかりやすいデシマル式がおすすめです。サイトの見やすさやわかりやすさ、つまりインタフェースも初心者のうちのスポーツブック選びでは重要な要素です。最後に、ささいなことでかまわないのでチャットサポートに質問してみましょう。いざというときに、サポートが頼りにならないのでは困ります。しっくりこないようであれば他のサイトでも一連の作業を繰り返してみましょう。

そして忘れてはならないのがサインアップボーナスです。ほとんどのブックメーカーでは初回入金時に入金マッチボーナス(または無料登録フリーベット)が提供されているので、これを有効に活用しない手はありません。はじめのうちは少額を(理想としてはひいきチームが勝つ)マネーラインベットしてみましょう。

段々とコツがつかめてきたらマネーライン以外のベットにも幅を広げていき、賭け条件がクリアできたら念のため出金してみます。無事に出金が完了したらそのまま同じサイトへ再入金してもかまいませんが、他のブックメーカーもぜひ当たってみてほしいものです。ブックメーカーは一見するとどれも似たようなつくりながら、よく調べてみるとそれぞれでオファーされている種目やベットの種類が異なっていたり、同じ試合の同じベットでも微妙にオッズに差が出たりすることがあるからです。ベテランプレイヤーになるとこの差を活かしたりハンディキャップやアキュムレーターを駆使したりすることでプロも存在するこの世界。賢く着実に経験を重ねれば、誰にでもそのチャンスはあるかも?

よくある質問

ベストなスポーツベットサイトは?

💬 1つだけを選ぶのは困難な質問です。人それぞれで「ベスト」の定義が異なるからです。例えば初心者なら日本語化されていて24時間日本語サポートが受けられる上にボーナスもわかりやすい10Bet Japan、さまざまなベットに精通しているベテランなら業界最大のbet365、マニアックなEスポーツファンなら1xBet、といった具合です。それぞれのサイトで特色を出しているので、比較してみるだけでも楽しいものです。

⚖️ オッズが最良のブックメーカーは?

💬 これも一概に答えるのは難しい質問です。一般的にbet365や22Betのオッズが高めになることが多いようですが、絶対ではありません。したがって、複数のブックメーカーでまったく同じベットのオッズを丹念に見比べてみるのもスポーツベットの醍醐味だと言えます。ただし例外が競馬やドッグレースなどのベストオッズ保証。これを採用しているサイトのほうが明白に有利なので、レース系に賭ける場合は必ずベストオッズ保証つきのものを選びましょう。

🌐 オンラインでベットするメリットは?

💬 オンラインスポーツベットであれば合法的に圧倒的な数のスポーツや種目に賭けることができます。また、施設の設備投資や人件費が抑制できるため、一般的に公営ギャンブルやランドカジノよりも高いオッズがオファーされることでも知られています。また、オンラインならではのボーナスシステムや豊富なプロモーションも非常に魅力的。逆にデメリットと言えば本人確認や出金が多少面倒なことくらいですが、ありあまるくらいメリットが大きく上回ります。

👮 本人確認は必ず必要?

💬 ほとんどのサイトが初めて出金する際かアカウント登録後2週間以内に本人確認を求めています。詐欺や他人による不正出金、またマネーロンダリングを防ぐ目的でプレイヤー保護にも役立っているので仕方のないことなのかもしれません。本人確認には通常、顔写真入りの政府発行身分証明書(パスポート、免許証など)と住所を確認できる公共料金などの明細書のコピーが必要ですが、サイト上の専用フォームで簡単に送信できるのでそれほどの手間はかかりません。例外的に、仮想通貨のみを利用する場合は本人確認不要のサイトも存在するようです。

🛡️ スポーツベットサイトは安全?

💬 はい!特に当サイトで紹介しているスポーツベットサイトはどれも厳しい基準を満たしてマルタ共和国やオランダ領キュラソー政府などから正式な運営ライセンスを取得しています。ライセンスは定期的な更新の際にも財務状況やオッズの公正性、顧客への払い戻しなどに関して審査される上に、通常はこれに加えて第三者機関による監査も定期的に受けています。また、顧客の個人情報やクレジットカード情報などは最新のSSL技術によって安全に管理されています。

📱 スマホからでもベットできる?

💬 はい!スマホやタブレットでももちろんPCとまったく同じように賭けることができるだけでなく、ライブベットやライブストリーミングにも対応しています。Android/iOS他、主要OSの主要ブラウザにはすべて対応してる上に、アカウント登録や入出金もできるのでPCを一切使わなくても操作が可能です。ちなみにオプションでモバイル専用アプリを提供しているサイトも存在します。ブラウザ版と大差はありませんが、アラートをスマホで受け取りたい人などは重宝することでしょう。アカウントは1人につき1つしかつくれないので、この点だけはお忘れなく!

💸 払戻金には税金がかかる?

💬 雑所得としての所得税がかかります。当たり前ですがブックメーカー側で源泉徴収するわけではないので、申告は自己責任で!

💳 登録時に必要なものは?

💬 初めてアカウントを開く際には通常、氏名・住所・生年月日の登録が必要となります。オンラインギャンブルサイトではマネーロンダリングや詐欺、別人によるアカウント資金流出などを防ぐために本人確認を行っているのは上に書いたとおりです。一般的に、初めて出金する際またはアカウント登録を行ってから数日以内に完了させる必要があります。したがって、アカウント登録の際は必ず「正確な情報を間違いないよう」に入力しましょう。さもなければ出金時に大変な労力を要することになります。

🗾 海外のブックメーカーは日本では違法ではないの?

💬 むしろまったく逆です。日本の法律では「胴元と客の両方が日本国内にいる場合」に賭博罪が成立すると解釈されています。したがって外国で運営されているブックメーカーに関しては、たとえ日本でプレイしたとしても罪に問われることはないわけです。ただし日本国内で海外のブックメーカーで遊ばせる店舗などは、国内で金銭の授受が行われるので違法とみなされるようなので注意しましょう。

日本のスポーツにも賭けられるの?

💬 はい!Jリーグやプロ野球、格闘技など日本人にとって注目度が高いスポーツにもスポーツベットサイトなら賭けることができます。一部のサイトではJ2や国内独立リーグ、大相撲などへのベットもオファーしているので、賭け対象となっている種目をさまざまなサイトを巡って見比べてみるのもブックメーカーの楽しさです。

おすすめブックメーカー

100%マッチ ¥12,300

100%マッチ ¥7,000

100%マッチ ¥16,000

100%マッチ ¥10,000

*18+T&Csが各オファーに適用されます。

トップに戻る